ロゴ

タクシーやトラックなど車両によって免許が変わるので注意!

ドライバーの仕事を探してみよう

ドライバーの仕事にはいくつかの種類があります。お客さんを目的地に運んでくれるタクシーやバス、荷物を運ぶトラック、老人施設などで使われている送迎車など数多く存在します。

タクシードライバーになるために必要な免許【転職前にチェック】

運転

トラックなどを運転する運送業

引っ越しの荷物や配達する荷物を運送するトラックは、数多くの種類があります。トラックを運転する仕事をするのであれば、どういった種類の車両が使われているかを知っておくことも大切です。

車内

ドライバー業務には免許が必要

タクシーやトラックなど、車を運転する仕事をするのには「普通自動車免許」の他にも、免許が必要になります。トラックならば車両の重量に応じて中型免許や大型免許が必要ですし、タクシーであれば普通二種免許と呼ばれる免許が必要になります。

男の人

タクシードライバーは人手不足

お客さんを目的地に運ぶタクシードライバーですが、最近は外国からの観光客も多くなり、活躍の場が増えてきています。しかし、残念なことにドライバーになる人が少なく、人手不足が問題になっています。

タクシードライバーの1日の流れ

出勤してアルコール検査

出勤したらまずは事務所にあるアルコール検査器を使って、アルコールの検査を行います。この時に少しでも基準値をオーバーしている場合は、業務はできません。

出発前に車両の点検

出発する前に自分が使う車両の点検を行いましょう。長距離走行になるため、きちんとエンジンオイルやバッテリーがあるか、タイヤの空気圧は正常かなどをチェックしましょう。

決められた区間で流し業務

事務所を出発したら、営業時間内は決められた区間を走行しながら、利用するお客さんを探します。また、タクシードライバーの中には決まった場所でお客さんを待つこともあります。

事務所に戻り車の清掃

定時の時間が近付いてくると事務所へと戻ってきます。そこで定時まで車の清掃や不備がないかを確認します。また、次に同じ車両を使うドライバーに渡す引き継ぎ書類も記載します。

引き継ぎを行って業務終了

タクシーは基本的に2人1組のパートナーが組まれます。自分の業務が終わった後、パートナーのドライバーが出勤したら、1日の出来事を引き継ぐ必要があります。この引き継ぎが完了すれば業務が終了になります。

タクシー会社では様々な支援を行ってくれる

人手不足が問題になっているタクシー業界ですが、会社によって様々な求人支援が行われています。普通二種免許がない場合は、取得の支援をしてくれたり、地方からでも住み込みで仕事ができるように社員寮を設けていたりします。

自動車離れが深刻化しているドライバー業界

現在は車以外にも、電車やバスなど、自分が運転しなくても簡単に移動することができます。そのため、若者を始めとして自動車離れが起こっています。ドライバー業界ではそういった自動車離れを深刻な問題と捉えて、対策を考えています。